BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

まもる

今年もあとわずか

大変お世話になりました

太田から今年最後の更新です。

 

わたしには

守るべきものがあります。

それは誇り、生きがいです。

それは娘たちです。

それは仕事とそれを共にする仲間です。

 

そして、私にとって

それらの全てを叶えているのが

このクロスという会社です。

 

創業者という立場でない方には

なかなか理解しづらいかもしれませんが

会社というのは自分の子どものようなものです。

産んで、育てて、年月を重ねてきました。

少々出来が悪いからといったって

自分のこどもを見捨てる人はいないでしょう。

 

だから、それを守りたいと思うのは

決して小さな見栄や執着ではないのです。

 

生活の糧を得るためだけの仕事であれば

何処でだって、何であったって

お金をもうらう事になんら変わりはありません。

だけど、やっぱりこう思うのです。

 

仕事は楽しく

みんな仲良く

 

これは、クロスの創業者・伊藤修氏が

常日頃、口にしていたことです。

それを私が標語っぽく仕立て直して社訓としました。

これからも、まもっていきたい。

そう思っています。

 

written by 太田

COJzみなとみらい

自称イルミネーション追っかけ人の天野です。

今回は、みなとみらいからお届けしています。

今年は本当にあっという間に過ぎました。

もしかすると人生の中でベスト3に入るかも。

本当は燃え尽き症候群と言い張ってゴロゴロしたいのですが

ありがたいことにお仕事があるので

最後まできちんとやり遂げます。

それでは皆さん、来年もよろしくお願いいたします。

written by amano

ゆれる

X’masを過ぎると

最終コーナーを駆け抜けるがごとく

一気に年末感を増しますね。

 

年末年始の準備はいかがですか。

今年は年を越すのではなくて

「来月が来る」程度の気持ちで

やり過ごす事にした太田です。

 

この11・12月。俄に降ってわいた

南青山児童相談所建設問題にゆれる

表参道・青山界隈ですが

 

この辺りにはもともと

「こどもの城(閉館)」や

落合恵子さんの「クレヨンハウス」、

「キディランド」、その他もろもろ

こどもと、こどもを育てる親たちの集う

施設や環境が豊富にあります。

 

そこには日本全国はもとより海外からも

多くの親子が集って賑わい

明るく健全に多様性の輪を広げています。

そのためか、近隣の六本木・赤坂・麻布など

大人な印象の街に比べて、青山・表参道には

よりクリーンなイメージがあるようです。

 

資産価値や教育優位性を邪魔するなと主張する

「自分さえ良ければいい」という連中が

それこそ、青山のイメージを失墜しているのです。

何とも見当違いな主張に聞こえます。

 

ちなみに、弊社のオフィスがあるのは

渋谷区神宮前。

港区ではありませんが、なにか?

written by 太田

COJz丸の内

特にイルミネーションが好きなわけではありませんが

何かとイルミネーションに遭遇する天野です。

今年も丸の内に行くことがあり

パチリと撮影しました。ちょっと遠目から写していますが

ここは本当に都会のど真ん中ですね。

 

written by amano

COJz新宿

寒さ暑さも彼岸まで。

彼岸が待ち遠しい天野です。寒いっ。

今年もあと少しですが、例年になく月が綺麗な年でしたね。

よく人を太陽か月で例えますが、どちらのタイプだと思いますか。

私は根が暗いので、月だと思っています。

どちらでもいいですけど。

written by amano

COJz大久保

最近本を読んでいますか。今年の初め、ようやくスティーブジョブスを読んだ天野です。

身近にも似たような人がいるので、驚きはしませんでしたが

彼と一緒に仕事をしなくてよかったと(できるわけがないけど)心底思いました。

その中でもスティーブ・ウォズニアックという人物にはとてもシンパシーを感じ

ああ、彼となら一緒に仕事をしたい(誘われるわけがないけど)心底思いました。

そんなことを思っていたら、なんと電車の中でばったり会うことに。

「自分が自分らしく働ける、これはほんとに幸運なことだ」

やっぱり、彼は素晴らしい人でした。

よかったらスティーブ・ウォズニアックを調べてみてくださいな。

written by amano

COJz押上

いろいろ高いところに登ってきましたが

富士山には登ったことがない天野です。

取材で押上に行ってきました。

地面からそびえ立つスカイツリーを初めて見ました。

てっぺんに行ってみたいものです。

written by amano

一徹

気づくと

豆腐ばっかり食べている

らしい、太田です。

 

自宅の近所に

とても美味しい豆腐を作る

お豆腐屋さんがあります。

 

ごく普通の、ありふれた

と言っては失礼かも知れませんが

よくある町の豆腐屋さんです。

 

値段もとてもお手頃で

スーパーに並ぶ一般的なものと

ほとんど変わりません。

 

「今日はうまくできたって

ウチの大将のお墨付きですよ」

おかみさんはそう言って、

手際よく袋に入れて

豆腐を手渡してくれます。

 

大豆の香りがふわっと立ち

口に含むとやさしい甘みが

いっぱいに広がります。

 

私より一回りほどお若いご主人。

これがなかなかのイラチモノ。

毎朝、出勤時に店の前を通るのですが

威勢の良い怒鳴り声が

店の外にまで響いてきます。

 

私は職人のこういう気質が

嫌いではありません。

 

怒鳴られる方はたまったものでは

ないのでしょうけれど

作るもの、売るもののことを

真剣に考えて取り組めば

自ずとせっかちにもなるし

気も立つものだと思うからです。

 

肝心なのはメリハリでしょう。

一度、仕事を離れたらしっかり恩返し、

アフターフォローを忘れずに。

 

決して自分の言い訳を

しているのではありませんから!

written by 太田

COJz上海

草間彌生の水玉、本物と偽物と見分けられますか。

見分けられる自信がある天野です。

コムデギャルソンの水玉も分かります。

春菜からお土産もらいました。

これは本物のキャラクターでしょうか。

それとも何かをパクってるのでしょうか。

ちょっとわかりませんね。

written by amano

ボヘミアン

「ボヘミアン」

と聞くと、

真っ先に絶叫する山下真司さんを

思い浮かべる太田です。

*分かる人にはわかります

 

そんな私も忙しい仕事の合間をぬって

観てまいりました

「ボヘミアン・ラプソディ」

 

まだまだ公開初期なので多くは語りません。

ただ、ひとつだけ言うと

「才能」とは残酷な現実だなと

改めて思うのです。

 

映画そのものは圧巻でした。

ちょうど、今の仕事に就いたころ

開催されたライブ・エイド。

一日中、テレビに釘付けになって観た

あのステージを

見事に再現していました。

 

だけど、映画の間中

ずっと、先の事が頭を離れませんでした。

才能とは、かくも残酷な現実だと。

 

ある程度、いや、ほとんどの事は

努力で成し遂げる事ができるでしょう。

けれど、「才能」は

それを軽々と超えてしまう場合がある。

 

それが幸せかどうかは別にして。

そんな事を思う映画でした。

 

written by 太田

members