BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

amano@茅ヶ崎

尊敬する先輩がたくさんいる天野です。

その中のひとりの先輩が

「子どもが小さい頃ね
打ち合わせ先でかばんからノートを出そうとしたら
子どものねパンツが出てきちゃったのぉ」

ケラケラと笑いながら話してくれました。

なんのこっちゃ、私も笑いました。

笑いながら涙がこぼれました。

そして、決めました。

かばんにはパンツとノートを入れて仕事しようと。

 

written by amano

amano@表参道

天野、長いブログを書きます。

朝ドラのスカーレットを観ていたら

「人の心を動かすような作品をつくりたい。

誰かの描いた絵が 誰かを支えたりするように

僕も誰かの心を癒したり 励ましたり…」

「そんなもん休みの日にやればいい」

「つくりもんはそんな甘いもんちゃうわ」

 

このセリフに涙がポロポロとこぼれてきて

すぅーっと心の引き出しが開きました。

 

そういえば、30年前、印刷屋さんから来た仕事で

千葉の鉄鋼所の採用案内をつくることがありました。

そもそも、大手代理店から来るような仕事ではないので

制作費は潤沢にあるわけではありません。

時代はバブル。売り手市場です。

3Kと言われた鉄鋼所には、撮影映えする設備も

驚くような保養所もありません。

当然、人が集まらず、困った末の相談でした。

 

当時24歳。ちょっと前までは自分が売り手側です。(就職氷河期でしたが)

この難問に一緒に協力してくれたのが

デザイナーのけんちゃんと、ついこの間学校を卒業したばかりの山本。

知恵と工夫を出し合ってできた導入ページがこれです。

採用案内の納品前に結核で入院しました。

そしたら澤田さんが病院に採用担当者からの手紙を持って来てくれて

この採用案内で何人もの高校生が来てくれたとお礼が書いてありました。

 

ああ、そんなこともあったなと、今はどうなっているんだろうとググってみたら

ここにたどり着きました。

http://www.it-core.co.jp/aboutus/philosophy.html

 

ページをスクロールすると!!

 

おーい、30年前の私たち、連日遅くまで仕事だけど腐るな!

予算が安いとか地味だしと言って引き受けなかった連中よりも

人の心を動かす仕事をしてるみたいだよ!

 

written by amano

経験が価値

ある日、

ピカソが街を歩いていると

見知らぬ女性が駆け寄り

話しかけてきました。

 

「私はあなたの大ファンです。

このノートにサイン代わりに

簡単な絵を描いてくれませんか?」

 

ピカソはノートを受け取り

30秒ほどで小さいながらも

美しい絵を描きました。

そして、彼女へと手渡し

「この絵は、100万ドルです」

と告げました。

 

女性は驚きました。

「ピカソさん、絵を描くのに

たったの『30秒』しか

かかっていないのですよ!?」

 

ピカソは笑います。

30年と、30秒ですよ」

 

芸術家・ピカソの逸話として

芸術や創作の価値を言い表す

例としてよく語られる話です。

 

どんなに短い時間であれ

安価な素材であったとしても

天賦の才能に経験を積み重ねて

はじめてできる作品もあります。

 

制作に携わる者として

そう胸を張って言えるように

日々の鍛錬を怠らず

真摯に取り組みたいものです。

 

written by 太田

2020

いよいよオリンピックイヤーです。

皆さま準備はいかがですか?

準備が楽しすぎて本番来て欲しくない

太田です。

 

同じオリンピックでも、

ときは1998年冬の話題に遡ります。

 

原田雅彦さんに代表される

日本ジャンプ陣の活躍で

記憶に残る大会となった長野五輪。

ジャンプ団体で追い詰められた同選手が

起死回生の大ジャンプで金メダルという

劇的な結果に終わったわけですが、、、

 

当時も囁かれたように

原田さんは決して成績が良くはありません。

失敗ジャンプが多く、どちらかというと

チームの足を引っ張っていた選手なのです。

(94年リレハンメルの結果もしかり)

ご存知レジェンド葛西紀明さんなどは、

少なからず当時の悔しさがあるから

今も飛び続けていると公言したこともあります。

 

その影で、今も淡々と飛び続ける

もう一人のレジェンドが

健在なのをご存知でしょうか。

船木和喜さん、44歳です。

 

現在の活躍をここで書くことはしませんが

いま言いたいのは、その事実があまりにも

報道されない、ということ。

 

「原田ジャパン」みたいな煽り方も

葛西さんを「レジェンド」と祭るのも

決して否定はしません。

けれど、広義的には同じ〈伝える仕事〉に

身を置くものとしては、

船木さんのようにスキーや地元北海道に

地道に貢献する姿の方に興味や共感を覚え、

これを伝えたいと、改めて思った次第です。

 

皆が知っているものを後追いするでなく

自分がいいと思ったものを

自分の足で訪れ、目で確かめ、寄り添って。

そんな風に、丁寧に伝えたいと

心新たにした年明けです。

written by 太田

amano@napoli

 

あけましておめでとうございます。

天野は今年もこんな感じです。

 

written by amano

スルーしないよ

クリスマスも終わり

今年も残りわずかとなりました。

27日で仕事納め。

夜は恒例の忘年会です。

 

共に働く仲間のいる有難さを

今年はとくに身に沁みました。

だから、今年に限らずですが

私はこの忘年会をとても大切に思っています。

一年の無事や、感謝の心を交わし合う

疎遠な方々とは、その絆を確かめ合う

大切な場所なのです。

 

忘年会も

パワハラも

そこに愛情がないから

あっても伝わっていないから

問題になるのでしょう。

 

これからも正々堂々と

仕事に励み

後輩を叱り

忘年会ではしゃぎたいと思います。

 

みなさま

本年もありがとうございました。

そして

これからもぞうぞよろしく。

 

*新年の営業は1月6日(月)からとなります。

 

written by 太田

amano@京大

10:00から阪大で取材をするには

6:00ののぞみに乗れば十分着きます。

意外と早朝から仕事をしている天野です。

午前中に大阪仕事を終え、

午後には京都に来ています。

とにかく、京都は人が多い!

紅葉と冬の特別公開もあってか、

人、人、人。

それでも平日だから少ない方だと

タクシーの運転手さんが教えてくれました。

 

今年もお世話になりました。

来年も良い年でありますように。

 

written by amano

amano@浜松

年賀状に「来年もよろしくお願いいたします」と

間抜けな挨拶を書いてしまう天野です。

でもいまなら大丈夫。

「来年もよろしくお願いいたします」

written by amano

amano@茅ヶ崎

『チャコ海』を歌いながら茅ヶ崎にいる天野です。

長く続いていた仕事が終わったので

海を見ながら思いにふけっています。

終わってしまえばあっという間ですが

初号を入稿するまでは、とてつもなく長く感じましたね。

海を渡った上海からメールをチェックしたのが

昨日のようです。いろいろと学んだ、いい仕事でした。

心から好きだよ チャコ♪

written by amano

amano@みなとみらい

唇が乾燥でかさかさしている天野です。

水泳の師匠がお休みの間、一番弟子の先生が教えに来てくれています。

一番弟子というだけあって、泳ぎに対する哲学は師匠譲りです。

手だけ、足だけを動かすのではなく、

お腹の力を手に足に伝えていく感じで泳ぎます。

わかりますか。

泳ぎに必要な力は、ひとつなのです。

そして水を頼りにして泳ぐのです。

先生、思考に体がついていきません。

written by amano

members