BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

お正月の残り香も今週まででしょうか。

齊藤です。

 

クロスは4日に新年会、土日を挟んで

7日から本格的に仕事始めとなりました。

新年会では恒例の浅草寺初詣。

今年は4日までお休みの方も多かったのか

例年以上の混雑ぶりでした…!

 

今年も充実した1年にしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

written by haruna

ハノイの旅5

仕事納まりましたか?

齊藤です。

 

今年最後の更新ですが、ハノイ旅の最終回とします…

滞在2日目は、市内からちょっと足を伸ばし

路線バスで焼き物の産地、バッチャン村へ。

日本の雑貨屋さんやアジア料理のお店でも見かける

可愛らしい植物模様の、素朴な食器を求めて出かけたのですが…

 

土埃舞う人気のない道…

不思議な色のピカチュウやドラえもんの置物、

豪邸の玄関に置いてありそうな大きな壺などが並び

ちょっと思ってたのと違う雰囲気…

「あれ、ガイドブックに載ってるような

定番のバッチャン焼きは何処に…?」

ここだ!やっと辿り着いたお店は

広い店内に種類もものすごく豊富で

決めるのにかなり迷いましたが

こちらのどんぶりと小皿をお買い上げ。

いいお店に出会えて良かった…

 

ハノイでゲットしたお気に入り番外編。

ハノイ旧市街にある木彫りハンコのお店で

原画を持ち込んで作ってもらったスタンプ。

職人技に脱帽!

 

以上、まとまりのないハノイ旅行記でしたが

2018年の目標だった久々の海外旅行、

社内外の方々のご協力のおかげで行ってくることができました。

ありがとうございました!

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

written by haruna

ハノイの旅4

仕事納めまでラストスパートですね!

齊藤です。

 

今回のハノイ滞在では

先に紹介した「ホアン・キエム湖」の周辺を

ぐるぐる観光していました。

周囲1.8km。

ベトナム王朝の伝説に所縁のある史跡でもあります。

 

この周りは毎週金曜日の夜から

歩行者天国として開放されていて

ハノイっ子の憩いの場に。

普段はバイクにビクビクしながら歩くハノイの街ですが、

この時ばかりは安心して歩き回れます!

午後9時頃ですが、子ども達もたくさんで

とってもピースフルな雰囲気!

 

社交ダンスの練習会や路上ライブ、

子供向けのゴーカートなどなど

あらゆる楽しげなことがあっちでもこっちでも!

 

 

こちらは早朝の健康体操。

歩行者天国は週末の間ずっと続くので

湖の周りがぐるっと広い公園のようになります。

おもちゃの実演販売でしょうか。

道路に線を引いてボードゲームを

楽しむ人たちも見かけました。

 

ハノイっ子の週末は自由でのんびり。

でも全力で楽しむ姿勢が素敵でした。

 

written by haruna

ハノイの旅3

寒いですね!

やっぱり冬は嫌いだった!

と、思い出した齊藤です。

 

1日目、買い物三昧を楽しんだ後は

こちらへ…

ネオンに浮かび上がる怪しげな人形たち…

怖いところではありません。

ベトナムの伝統芸能・水上人形劇の劇場です。

区民ホールの小ホールくらいの広さで

ステージ上には名前の通り、水が張られています。

写っていませんが、両脇には伝統楽器の奏者も。

 

当日券でしたが、1番前の席をゲット!

出発前から楽しみにしていたので、

俄然テンションが上がります。

ベトナムの農民の生活や伝説の一コマなど

1時間弱の間に短い演目を次々と見せてくれるので

言葉がわからなくても飽きずに楽しめました!

素朴で愛嬌のある人形の顔、動きがたまりません。

最後は人形遣いのみなさんも出てきてカーテンコール。

大満足でした〜

 

ハノイへ行く機会があれば

絶対に観てください!

 

written by haruna

ハノイの旅2

週末からはいよいよ

冬らしくなってきそうですね。

コートの下に着るライトダウンを購入し

冬に備える齊藤です。

 

また間を空けてしまった旅行記の続きです。

前回行き先を勿体ぶって引き延ばしていましたが

タイトルの通り、ベトナムの首都・ハノイに行ってきました!

ホテルの近く、観光名所でもある「ホアンキエム湖」

「湖」といっても、大きめの池という感じですが

朝から散歩や体操に地元の人が集まっていて

気持ちが良かったです!

湖を少し外れたところにある旧市街。

入り組んだ道に古い建物が並び、

ごちゃごちゃの電線がいかにも東南アジア!

バイクや果物売りのおばちゃんが行き交います。

 

このエリアは仏具屋さんの通り、

衣料品店の通り、金物屋さんの通りなど、

同じ業種のお店が同じ通りに並んでいるのも面白い。

カゴバッグや刺繍のポーチなど、可愛い雑貨が

激安で売っているので早速金銭感覚が崩壊…!

1日目は買い物三昧でした…

ハノイの定番観光スポット、大教会。

この周りもおしゃれ雑貨屋さん、

洋服屋さんが多くて危険でした…

 

written by haruna

初投稿

初めまして。

少しの間留守番をすることになりました。じょんうんです。

よろしくお願いします。

いきなりですが、この前こういうのを見ました。

みなさん、これ何に見えますか?

私は最初遠くで見て、指切断禁止?ってびっくりしました。

近づいてとなりの文字を読んでみたら餌やり禁止でした。。

まだ初見では日本語が入ってこないからかな〜って友だちに言ったら

たぶんそれとは違うと否定されました。

もうちょっとちゃんとしなきゃって思う最近です。

 

written by kwonjungeun

今年4回目

何の数かというと結婚式の回数です。

今年だけで大学の友人が3人、幼稚園の友人が1人結婚式を挙げています。

僕の周りは所謂『ラッシュ』の時期ですね。先日も所沢まで行って出席してきました。

割と毎回楽しみにしているのが式場の雰囲気、スタイルがどこも大きく違うという点です。

温かみのある木目を基調とした式場で新郎新婦が退場の時に2人の奥が開き、退場後には滝のように水が流れて光が屈折して式場内に差し込んだり

真っ白な式場では誓いが結ばれた瞬間に天井がスライドして陽の光で白銀の世界のような雰囲気にったりなど

こだわった演出が多くて毎回挙式からしっかり感動しています。

そして何故かわかりませんが、二次会のビンゴで当たる確率の高さが異常に高いです。ほぼ毎回の如く当たっています。

しかし今時の二次会はそう甘くないんです。ビンゴしたら景品をゲットするためのゲームにチャレンジできるという難関ぶり。

前回の式はクイズで新婦の誕生日を聞かれ、見事に外して叩かれまくった僕ですが今回は同じタイミングでビンゴした男性と腕相撲で勝てば景品ゲット。

しっかりしばいてきました。笑

景品は缶ビールにセットしてグラスに注ぐと超音波でクリーミーな泡を作ってくれる機械。

今年の年末は少しリッチな気分で過ごせそうです。

 

written by uematsuzenta

初投稿です。

初めまして。

少しの間留守番を任されています。Zentaです。

気ままに更新しますのでどうぞよろしくお願いします。

 

私はアメコミヒーロー映画が大好きで、一番好きなキャラクターは

「ハルク」です。(怒ったり興奮すると緑の巨人になっちゃうあいつです)

呆れるほどに全て力任せに突破する彼からは一周回って爽快感を感じています。笑

 

ハルクの話は置いといて・・・

皆様スタン・リーという人物をご存知でしょうか。

スパイダーマンやアイアンマン等の原作漫画、映画のアベンジャーズは彼の手によって生み出されたものでアメコミ界の父と評される方です。

初投稿からこんな話題で申し訳ないのですが、彼はつい先日95歳でこの世を去ってしまいました。

非常に残念です。。。

本人のコメントでこんなものを見つけました。

 

〝以前、ほかの人達は橋を作ったり医療の道に進んだりしているのに、わたしはただの漫画書きなのが恥ずかしいと思っていたことがある。だが気づいたんだ。楽しむことは、人生で一番大事なことのひとつだと。楽しみがなければ、頭がどうかしてしまうかもしれない。誰かを楽しませることができるなら、良いことをしているのだと信じている。〟

 

「楽しむこと」そして『誰かを楽しませること』

シンプルな事ですが忙しい日々だと忘れてしまいがちですね。。。

これから師走に近づいてバタバタした日々になりそうですが、大切な事は忘れずに過ごしたいです。

デザインという仕事における重要な事に改めて気付く瞬間でもありました。

 

コミックスを『子供向けの物』に留まらせなかった彼の才能とエンターテイメント性に脱帽です。

趣味全開の初投稿でした。

 

written by uematsuzenta

ハ○イの旅1

1ヶ月ぶりの更新、齊藤です。

 

一瞬で10月が過ぎ去り

11月も半ば!今年もあっという間ですね。

今年の新年会で宣言した年頭の誓い、

「海外旅行に行く!」を実現するため、

お休みをいただき、弾丸で海を越えてきました。

 

しばしの間、さよならTOKYO!

約5時間の空の旅を経て到着…

ホテルからは生活感溢れる眺め。

 

どこだかわかるでしょうか?

次週に続く!

 

written by haruna

ドタキャン

ジュリー

「よくやってくれた」

と、言いたい。

 

褒められることじゃない

わがままを言って

期待を裏切って

たくさんの人に迷惑をかけた。

 

それでも

「よくやってくれた」

と、言いたい。

日々の仕事というやつは

ほんとうに理不尽なもので

得意先や上司のわがままに必死に耐えて

「こんなのおかしい」と

皆んなが思っているのに逆らわず

言いなりになっている。

 

でも、そうして耐えてさえいれば

自分の身はとりあえず安泰で

何より、皆んな批判が怖いのだ。

そして、それは得意先も上司も同じだ。

 

そんな仕事に夢はあるだろうか。

ロマンを抱けるだろうか。

命を、人生をかけて取り組む

価値があるだろうか。

 

どうしてこんなにも

過剰なまでに批判に弱い世の中に

なってしまったのだろう。

これでは何も生み出せない。

 

夢やロマンを求めるから

人生は楽しく、

意味があるのではないのか。

(太田)

 

written by 太田

members