BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

amano@新富士

まだ西に向かっている天野です。

 

彼は砂漠を

ときに後ろ向きにあるいた

自分の足跡を見るために

 

新幹線なので、自分の足跡は見られません。

written by amano

amano@新宿

天野です。もうすぐ南に向かいます。

で、いまはまだ新宿ですが、西に向かい

最後は海を越える予定です。

2018年度ももうすぐ終わり。

その次へ向かっています。

written by amano

amano@町田

天野です。私の師匠は、お酒がなくなって買いに行くのが

めんどくさいとアルコールが含まれているという理由だけで

ヘアトニックを飲んだことがあるそうです。

それは若い頃の話だそうで、最近もお酒がなくなって

お父様が遺されたブランデーを飲もうと思ったけど

寸前で開けるのが惜しくなり料理酒を飲まれたそうです。

「結構酔っ払うんだよね」

そんな風にお酒をこよなく愛される師匠ですが

取材の運び方や文章がものすごく上手いので

黙ってついて行こうと思う、今日この頃です。

written by amano

amano@新宿

見慣れた建物が解体されると

以前何があったか思い出せない天野です。

前にも書きましたが、新宿の紀伊国屋は

学生の頃バイトをしていたこともあって好きな場所のひとつです。

ピカデリーにあった『ウエンディーズ』はどこに行ったのかしら。

『伊勢丹』が閉店になると社員を出待ちしていた男の人たちは

今でも出待ちをしているのかしら。

紀伊国屋ビルの地下のレストラン街にあった『珈穂音』、

『ニューながい』はいつの間にかなくなっちゃいました。

いろいろ様変わりしましたが

『大ろじ』『DUG』はまだ健在ですね。

ところで、紀伊国屋の隣には何があったんでしたっけ。

written by amano

amano@甲府

煮込みうどんとほうとう、どちらが好きですか。

麺ものは全て大好きな天野です。

先ほど牡蠣が入ったほうとうをいただいてきました。うまし!

先週の日曜日の早朝にものすごくお腹が痛くなって

ああ、こういうときこそ救急車を呼ぶのね。

ジャストなタイミングはいつ?

くたくたのスエットで大丈夫なのかしら?

と思っていたらいつの間にか眠っていたみたいで

痛みも落ち着いたので自ら休日診療に行きました。

「胃腸炎にはカフェインを抜いてビオフェルミン。

水分を摂ってね。それでも痛かったら病院に来る」

女医のありがたいお言葉、肝に銘じます。

written by amano

amano@淡路町

この間、春菜から改めてみかんの偉大さを教えてもらった天野です。

なぜみかんが偉大かというと、手で皮をむけて、手を汚さず食べられる。おまけにビタミンCがいっぱい。

「こんな機能的な果物はありませんよ」

さて、私は淡路町の近江屋洋菓子店にいます。

ええ、サボりです。

いや、新しい企画を思案中です。

written by amano

amano@読売ランド

寒中見舞い申し上げます。

寒い寒いと天野が申します。

年も明けたのでタイトルを一新しました。

amano@、つまり、天野はここにいますよ的な。

第1回目はイルミネーションが綺麗な読売ランドです。

妹に誘われて寒空の中生ビール(大)を2杯飲んだら、

妹はインフルエンザにかかりました。

アトラクションに乗って奇声をあげていた姪もかかりました。

天野は平気です。

今年も期待してください。

written by amano

COJzみなとみらい

自称イルミネーション追っかけ人の天野です。

今回は、みなとみらいからお届けしています。

今年は本当にあっという間に過ぎました。

もしかすると人生の中でベスト3に入るかも。

本当は燃え尽き症候群と言い張ってゴロゴロしたいのですが

ありがたいことにお仕事があるので

最後まできちんとやり遂げます。

それでは皆さん、来年もよろしくお願いいたします。

written by amano

COJz丸の内

特にイルミネーションが好きなわけではありませんが

何かとイルミネーションに遭遇する天野です。

今年も丸の内に行くことがあり

パチリと撮影しました。ちょっと遠目から写していますが

ここは本当に都会のど真ん中ですね。

 

written by amano

COJz新宿

寒さ暑さも彼岸まで。

彼岸が待ち遠しい天野です。寒いっ。

今年もあと少しですが、例年になく月が綺麗な年でしたね。

よく人を太陽か月で例えますが、どちらのタイプだと思いますか。

私は根が暗いので、月だと思っています。

どちらでもいいですけど。

written by amano

members