BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

現役!

久々の三連休ですね。

梅雨明けが待ち遠しい齊藤です。

 

最近、お仕事で時々静岡に行っています。

ローカル線の駅で、可愛い電車に遭遇しました。

昭和33年製造の、元・南海の車両だそうです。

建物も乗り物も、古いもののフォルムには

やっぱりなんとも言えない魅力があります。

 

written by haruna

初夏の楽しみ

スワローズの14連敗に

心を痛めている齊藤です。

 

週末は早くも真夏の暑さでしたね。

好きな季節といえば昔から

春秋論争というくらい

春と秋が人気を集めますが

私は断然春、なかでも花粉が飛ばず

シャツ1枚で過ごせるくらいの

初夏の時期が一番好きです。

 

郊外や地方の電車から

田植えを終えたばかりの田んぼを眺めることも

そんな季節の楽しみの一つです。

水面に映る青空や新緑の山

きれいに並んだ苗、いくら見ていても飽きません。

 

ちなみに冬よりは断然夏が好きではあるのですが…

今年も暑くなりそうですね…

気持ちの良い季節は年々短くなっている気がします。

 

written by haruna

鳥取横断

すでに夏を感じる気候になってきましたね。

齊藤です。

 

ゴールデンウィークは、

米子から砂丘へ、鳥取県を横断しました。

観光地がぽつぽつと点在しているので

山や田んぼを眺めながらの移動が多く

のんびりした旅でした。

植田正治写真美術館からは

大山がきれいに見えました。

 

鳥取砂丘は、砂と空と人しか視界に入らないので

遠近感が狂う感覚が面白かったです!

 

鳥取の駅には基本的に自動改札がないのも驚きでした。

 

written by haruna

春爛漫

連休前進行、お疲れさまでした。

齊藤です。

 

先日、登山部のみなさんと

秩父に芝桜を見に行きました、

(本当は芝桜の前にしっかり登山もあったのですが

体力低下を感じ今回は見送り、下山後に合流…)

西武沿線に住んでいるので

広告ではよく見ていたのですが

なかなかの絶景でした〜!

まだまだこれから咲きそうなエリアもあったので

10連休の空いた日など、

ふらっと出かけてみるのも良いかもです。

 

隣接した広場には満開の枝垂れ桜も。

短い春を全身で感じた週末でした。

 

良い連休をお過ごしください。

 

written by haruna

お花見

花粉が落ち着いてきて

春を楽しんでいる齊藤です。

 

毎年お花見は地元の光が丘公園が定番だったのですが

今年は趣向を変えて、王子の飛鳥山公園に見に行きました。

大塚駅からの都電も花見客でぎゅうぎゅう。

さすが都内屈指の名所、

まだ満開にはもう一息という感じでしたが

とにかく人が多かったです〜

ゾウの形を生かしきれていない滑り台も

健在でした。

 

今週末もまだまだ楽しめそうですね!

良い週末をお過ごしください。

 

written by haruna

レジェンド

木蓮やコブシが咲き始めて

いよいよ桜の開花が楽しみな齊藤です。

 

先日、仕事を早上がりさせていただき、武道館へ。

友人に譲ってもらったチケットで

ユーミンのコンサートを観てきました!

 

ユーミンライブのすごさは

前々から噂には聞いていたのですが

目の前で繰り広げられる夢のような演出は

ライブというよりパフォーマンスショー。

そして、アンコール含め27曲

息を切らすこともなく次々と歌い、踊る

(しかも武道館公演だけで6回も…)

ユーミンのパワフルさに圧倒されました!

 

その少し前には井上陽水の生歌を聴く機会にも恵まれ…

平成の終わろうとしているいま、

昭和から活躍する現役レジェンドたちを

ライブで楽しめる時代に感謝です…

 

written by haruna

奇想の系譜

梅の花が咲いて嬉しい今日この頃

花粉にやられている齊藤です。

 

上野の東京都美術館で開催中の奇想の系譜展を観ました。

窓が反射して上手く撮れない…

 

いまや大人気の伊藤若冲から

歌川国芳、曾我蕭白、長沢芦雪などなど

江戸絵画の濃ゆいところをいいとこ取りで

バランスよく楽しめる展示です。

個人的には、いままでノーマークだった

岩佐又兵衛の絵巻が鮮烈で、印象深かったです。

 

数年前の若冲展のような混雑を恐れていましたが

いまのところ、それほど混んでいないようなので

奇想好きな方は狙い目です!

 

written by haruna

民藝 Another Kind of Art

気がついたら2月になっていました。

齊藤です。

 

今年の美術館始めは

六本木の21_21で、「民藝 Another Kind of Art」。

民藝=用の美、無名の職人の手仕事

という定義にとらわれず、

実は民藝って、結構ぶっとんだ、

アーティスティックな一面も持ってるんじゃないか?

という新しい視点を提示してくれる展示でした。

 

深澤直人さんのディレクションで

カテゴライズされた日本民藝館の所蔵品たち、

ふだんで観るのとは違った顔で

カテゴリごとに添えられた深澤さんの一言も

シンプルでインパクト大です。

 

会期は2/24まで。

お見逃しなく!

 

written by haruna

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

お正月の残り香も今週まででしょうか。

齊藤です。

 

クロスは4日に新年会、土日を挟んで

7日から本格的に仕事始めとなりました。

新年会では恒例の浅草寺初詣。

今年は4日までお休みの方も多かったのか

例年以上の混雑ぶりでした…!

 

今年も充実した1年にしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

written by haruna

ハノイの旅5

仕事納まりましたか?

齊藤です。

 

今年最後の更新ですが、ハノイ旅の最終回とします…

滞在2日目は、市内からちょっと足を伸ばし

路線バスで焼き物の産地、バッチャン村へ。

日本の雑貨屋さんやアジア料理のお店でも見かける

可愛らしい植物模様の、素朴な食器を求めて出かけたのですが…

 

土埃舞う人気のない道…

不思議な色のピカチュウやドラえもんの置物、

豪邸の玄関に置いてありそうな大きな壺などが並び

ちょっと思ってたのと違う雰囲気…

「あれ、ガイドブックに載ってるような

定番のバッチャン焼きは何処に…?」

ここだ!やっと辿り着いたお店は

広い店内に種類もものすごく豊富で

決めるのにかなり迷いましたが

こちらのどんぶりと小皿をお買い上げ。

いいお店に出会えて良かった…

 

ハノイでゲットしたお気に入り番外編。

ハノイ旧市街にある木彫りハンコのお店で

原画を持ち込んで作ってもらったスタンプ。

職人技に脱帽!

 

以上、まとまりのないハノイ旅行記でしたが

2018年の目標だった久々の海外旅行、

社内外の方々のご協力のおかげで行ってくることができました。

ありがとうございました!

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

written by haruna

members