BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

やすみます

太田です。

明日11/13から三日間

お休みをいただきます。

 

社会人となって早三十余年。

インフルエンザなど病気、

海外出張など業務上の渡航を除いては

初めて

土日も含め連続して五日間も

休むことになります。

 

ゴールデンウイークでも

年末年始休暇でも

結局、休日出勤をしてきました。

我ながら

ここまで本当によく働いてきたものです。

何より、こうしてお仕事を頂けているからこそ

働ける訳で、本当にありがたく思います。

 

この場を借りて、

今まで仕事で関わってくださってきた方

全ての皆さまに感謝を申し上げます。

そして、これからもどうぞ末長く

よろしくお願い申し上げます。

 

しっかり休んで

万端整えて戻ってまいります!

written by 太田

エール

実は剣道有段者の

太田です。

 

武道を成す心得として説かれる

「心技体」。

これを仕事に置き換え

仕事を全うするのに必要なスキルを

要素として並べてみると

 

・素質(持って生まれた才能)

・努力(才能を開花するための鍛錬)

・経験(技術を習得する期間)

・運(それらを活かすチャンス)

と言ったあたりになるでしょうか。

 

それに加え、もっとも大切なのは

「思い」だと、私は信じています。

 

仕事を成功させるには

ある程度経験を積み

年齢を重ねなければならないと

勘違いしている人は多いです。

そう教えるベテランも、またいます。

 

けれど、

 

明治維新の立役者を多数排出した

松下村塾の吉田松陰が没したのは29歳でした。

モーツァルトの名曲の多くは20代の作品です。

 

先人たちが偉大な功績を残したのは、必ずしも

円熟味を伴ったベテランになってからではありません。

もちろん、永い年月をかけてのみ

培われるというものも少なくありません。

けれど、必ず年月が必要かといえば

決して、そんなことはないのです。

 

矢沢永吉の「ファンキー・モンキー・ベイビー」も

桑田佳祐が大ヒットさせた「いとしのエリー」も

彼らが23歳のときの作品です。

大切なのは、伝えたい思いであり、実現する行動力です。

 

素質、努力、経験、運。そして思い。

 

そのなかで「経験」が少ないだけの若者は

実は、もっとも大切な「思い」が

むしろ純粋で強かったたりするものです。

 

若い人たちよ。

小さく縮こまっていないで

今しかできない仕事を、

ぜひ全力で表現してもらいたい。

 

若いと言われる時期など

あっという間に過ぎてしまうものだから。

わたしも、わたしのライバルが

若い頃の自分だったりします。

 

written by 太田

おおいなるもの

台風の被害に胸を痛め

翌日には日本代表の健闘に胸を熱くし

何かと胸の辺りが忙しい太田です。

 

台風のような

大きな自然現象に会う度に

私たちは地球という星、

天体の上に暮らしているのだと

改めて思い知らされます。

 

とくに私たちのように

都会で暮らし、働くものたちは

コンクリートで四方を固められ

目に入るものほぼ全てを

人造物に包まれているために

つい、そのことを忘れがちになります。

 

いつも同じものを

同じ場所から

同じように、ただ何となく

見つめるのではなく

時には視点を小さなところから

大きなところへと

低いところから高いところへと

自由自在に変えてみよ。

 

自然が、私たちに気づかせて

くれているようにも感じています。

 

written by 太田

視点

ジオラマが結構好きです。

太田です。

 

あまり自覚はなかったのですが

街中で偶然見かけたりすると

素通りできないことに気づきました。

 

似たようなものでいうと

フィギュアやプラモデルなど単体ものには

そんなにときめかないようです。

街や景観が好きみたいです。

 

海外に行くと、日本の見え方が変わったり

暮らし慣れた自分の街でも、

たとえば普段は徒歩で行き来しているなら

自転車やバイクに乗って走ってみるだけで

途端に違う風景に感じたりするように

視点が変わるだけで、慣れていたものでも

新鮮に見えるのが清々しくて好きなんです。

 

ジオラマなら、自由に視点を変えられますものね。

まるで鳥になったよう。

 

ドローンが見せてくれる映像にも

同じような感動を得ますよね。

ぼちぼち我が社もドローン導入かな?!

 

written by 太田

駅前の顔

今日から10月ですね。

太田です。まだなんとか無事です。

 

改札を抜けて、駅を出たら

町中が焼肉屋さん!

というシーンに出会いました。

 

赤坂にもありそうな高級店から

バラック小屋にパイプ椅子を並べただけ

というようなワイルドな店など

駅前から続く通りの両サイド

交差する路地の、そのまた先まで

ほぼ全て焼肉やさんです。

 

その中の一件。

パイプ椅子に腰掛けて

美味しいホルモンをいただきました。

 

駅前。

 

それぞれの駅ごとに

実に様々なカラーがありますね。

まるで人間の顔のようだと思いました。

 

私を例えるなら

どの駅だろう。

 

表参道ではないだろうな。

 

written by 太田

天高く

皆さま、夏は無事に

乗り切れましたでしょうか。

太田です。

 

クロスは満身創痍ながら

全員無事です!

 

 

表参道もすっかり秋めいてきました。

ショーウインドウは早くも冬物が並びます。

あっと言う間に年末、、、

なんて事にならないよう

しっかり美味しいものを食べ尽くしたいと思います。

 

報告お楽しみに。

written by 太田

うかれてるばあい

投票に行きましょう。

もう、ほんと

頼むから。

 

税金のあり方が問題なんじゃない。

年金の仕組みが問題なんじゃない。

政治家の資質が問題なんじゃない。

 

全て、選挙・投票・政治に参加しない

国民が問題なのです。

いい加減、分かりましょう。

 

言いつつ。

 

オリンピックには

すっかり浮かれている

太田でした。

 

written by 太田

お好みの飲み方は?

  1. お酒は何が好きですか?

最近は専ら生レモンサワー派の

太田です。

 

ある日の、利き酒セット。

左から

・そよ風のごとく清らかなフルート

・胸に響くピアノの旋律

・切なくしみるバイオリン

 

そんな音を思わせる味わいでした。

 

他にも

・太鼓のようにガツンとくる

・激しくかきみだすエレキ

・身を委ねるようなコントラバス

などなど、

言われてみれば、そういう味かもと

それぞれに思い浮かぶお酒が

皆さまにもあるのではないでしょうか。

 

お酒に限らず

味は聴くものだと、

最近になって知りました。

 

きっかけは断酒です。

しばらくの間、

アルコールを控えた生活を送っていたせいで

反動で、味に敏感になったおかげです。

 

口に含んだ瞬間に

味の構成要素の一つ一つが

輪郭を伴って響いてくるのです。

それは、まるで

多重奏の音楽を聴くよう。

 

仲間。

店。

肴。

そして、ときに断酒。

 

おすすめの飲み方です。

 

written by 太田

フレッシュ

大雨被害、心配ですね。

命より大切なものなどないと思う

太田です。

早め早めの避難をお願いします。

 

今週いっぱい

弊社では毎日、採用面接が行われています。

新しい仲間を迎える、大切な儀式です。

 

立て続けに「はじめまして」を繰り返すのは

なかなか骨の折れる仕事ですが

目の前で夢を語る若者の話しを聞けるのは

とても貴重で、ありがたい仕事です。

よい刺激、エネルギーをたくさんもらっています。

 

最近、気がつけば

下ばかり見て歩いていたようです。

 

フレッシュな出会い

そのおかげで

こちらもまたリフレッシュ

 

今日からまた

若者たちと一緒に

上を向いて、歩こうと思います。

 

written by 太田

われはくさなり(再)

過去の投稿ですが

ちょうど採用募集期間中に

ピッタリなメッセージなので

再掲載します。

新聞読んでますか?

ななめ読み、太田です。

 

読売新聞の購読者ではないのですが

同紙の朝刊コラム「編集手帳」には

たびたび心を振るわされます。

 

6代目担当者

竹内政明氏が手がける

わずか500字の

しかし毎日掲載される

その秀逸な言葉紡ぎから

知り合いの作家も

「泣ける新聞コラム」と称えていた一節を

ここで紹介させていただきます。

11打数0安打5三振。野村克也さ

んのプロ野球人生1年目である。拝

み倒して撤回してもらったものの、

シーズンの終了後には解雇を通告さ

れている。その人が戦後初の三冠王

になり、名監督になった。◆新国劇

の名優とうたわれた島田正吾さんは

駆けだしの昔、舞台で『千葉周作』

の寺小姓を演じた。たった1行なが

ら、新聞の劇評欄に初めて名前が載

った。<島田正吾、観るに堪えず>

◆山中伸弥さんが執刀すると、20

分の手術が2時間かかった。足手ま

といの〝ジャマナカ〟という異名を

先輩医師からもらい、臨床医になる

夢をあきらめた。その人がノーベル

賞で研究医の頂点を極める。◆きょ

うが入社式という人も多かろう。希

望に燃える門出には要らざるお世話

にちがいないが、何十年か前のわが

身を顧みれば日々、挫折と失意と狼

狽と赤面の記憶しか残っていない。

◆高見順に『われは草なり』という

詩がある。<われは草なり/伸びん

とす/伸びられるとき/伸びんとす

/伸びられぬ日は/伸びぬなり>草

の丈が伸びぬ日もあろう。そういう

日は、大丈夫、見えない根っこが地

中深くに伸びている。

 

社会人の一歩目を

人によっては二歩目、三歩目を

弊社で歩んでみたいと思われた方は

ぜひ『デザインのお仕事』から

ご応募ください。

written by 太田

members