BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

こっちかあっちか

太田です。

窓の外を見るのが好きです。

 

生まれた当初住んでいた家が

当時にしては珍しく

5階という高さであったためもあって

いつもベランダ越しの街並みを

あくることなく眺めていました。

 

その家には、2歳までしかいなかったので

おそらく、もっとも幼いころの記憶です。

 

当時の心情までは覚えていませんが

眼下に広がる街並みの中に

何かしら思いを馳せていたように思います。

 

こっちの、親や家に守られた空間と

あっちの、好奇心や不安にかられる広い世界を

比べながら見ていたような気がします。

 

そしていま。

つい先月まで窓外の景色の一部だった建物の中に

少々用事があって立ち入る機会が出来ました。

 

あっちだったところがこっちに。

こっちだったところがあっちに。

 

こっちとあっちを行ったり来たり、

あっちはこっちになり

こっちもあっちになりました。

 

written by 太田

新生活にかかせない?

太田です。

三寒四温とはよく言い得たもので

まさにそんな日々ですね。

 

4月。通勤途中でも

沢山のフレッシャーズに出くわします。

社会人になって初めて

名刺を持つ人も多い事でしょう。

今日はそんな名刺のお話しです。

 

我が社の名刺は活版印刷を用いています。

活版についての説明は、今日は割愛しますが

印刷から上がった時点ではご覧のように

《黒》の部分しか刷られておりません。

 

この状態の名刺を受け取ったスタッフは

各々、ここから着色していきます。

 

私はまず、《赤》を消しゴムはんこで

押していきます。

こんな具合で表裏両面押していきます。

 

バナナマークは黄色マーカーで塗ります。

 

そんなひと手間をかけて、完成です。

 

一枚を完成させるのに、

大して時間はかかりませんが

100、200枚となってくると

それなりに手間ではあります。

 

でも、

その手間こそ惜しみたくないと

思って続けています。

 

私たちは、編集やデザインを通して

主に印刷物をお届けしています。

最後は自分で手を加える事により

その事を忘れないようにしています。

 

なにより作り手の誇りとして、

名刺にも手間を惜しまない姿勢を

貫きたいと思っています。

 

スタッフ各々に違う色付きのマークに

着目してお受け取りいただければ幸いです。

 

そして、よろしければ

あなた様の名刺もお任せください。

もちろん

完成品としてお届けしますので

ご安心を♪

 

written by 太田

新元号ねえ

本格的に暖かくなり

桜も終わりましたね。

暖かいの大歓迎、太田です。

 

5月から令和だそうで。

少し落ち着いてきた感はありますが

馴染めない。いや、いい響きだと

好き嫌いを論じる方々もいらっしゃいますが

個人的にはどうでもいい事です。

 

昭和生まれ、平成の真っ只中で

仕事にもまれて来た私ですが

昭和や平成という響きを

好きだとか嫌いだとか、思った事もありません。

 

親や出身地を選べないのと同じで

昭和は生まれた時点であり

平成も「はあ、そうですか」という

程度のものでしかありませんでした。

 

なぜ関心が薄いかと言えば

自分には提案する権利がないどころか

選んだり、意見さえ

挟む余地すらないのですから

関心の持ちようがありません。

 

さて、統一地方選も前半戦終了です。

私の住む区議区知事選は後半戦で

これから告示・投票です。

「決めたり」「選んだり」する事を

委ねる人物を選ぶのは

他でもない私たちです。

 

ここにこそ、関心を持ちましょう。

 

written by 太田

卒業

こんにちは、太田です。

東京にも桜開花の知らせが届きました。

卒業シーズン真っ盛りですね。

 

卒業も大きな環境変化のひとつですが

環境が大きく変化する出来事と言えば

ほかにも結婚、離婚、引越し。

就職、人事異動、転職。病気、怪我、

etc…

 

そして、それら大きな環境変化には

大抵、ストレスが付き物です。

 

それがたとえ、めでたい事であっても

人は急激な環境の変化を好まない傾向にあるそうです。

慣れ親しんだところから、いきなり

不慣れな環境に放り出されることは

生物にとって、生存の危機に晒されるため

本能的に恐怖を感じるものらしいのです。

 

そんな中、世の少年少女は小・中学校、高校、

さらに大学と、10~20代に差し掛かる少年期に

卒業・入学という環境変化を幾度と超えます。

少年少女はその都度、不安と期待に晒されながら

希望と、ときに絶望を胸に、旅立ちを繰り返します。

子どもが子どものままの新鮮さを保つのは

そうした繰り返しに、嫌が上にも翻弄されるから

なのかも知れません。

 

しかし、環境の変化は不安の対象であるとともに

一方で大きなチャンスの扉でもあります。

ノアの箱船も、宇宙戦艦ヤマトも

絶望的な現状を打破するために旅立ちました。

 

3月。

あなたのその不安と希望に満ちた卒業が

あなたの素晴らしい未来のための扉であるように

そのためのドキドキとして報われますように。

 

さあ。卒業の後には

惜しむ暇も与えてくれぬほどすぐに

新生活が控えています。

 

4月。

よいスタートをきれますように。

心から祈り、見守っています。

written by 太田

カウントダウン

いつか

東京マラソンと

ホノルルマラソンには

参加したいと

夢想している太田です。

 

ゴールを切る達成感

というより

走っている事自体が

割と好きみたいです。

 

ほかにも

・料理

・登山

・バイクツーリング

・プラネタリウム鑑賞

 

などをしているときは

他の事は考えず

そのことに集中していて

無心になれます。

 

お手軽なものですと

包丁を研いでいるときなども

そんな境地です。

 

無心になれる事って

癒しや気分転換になりますよね。

 

自分なりのそうした時間のために

出かけてみませんか。

暖かい春の日を迎えるまで、

もう両手で数えらるほどです。

 

written by 太田

じつは、、、

気がつけば

暖房の量も減ってきたこの頃。

冬もいつかは終わり

必ず春はやってくるんだ。

今日からはまた

少し背筋を伸ばして歩こうと思う

太田です。

 

じつは

弊社はこの春、創業35周年を迎えます。

5年前、たくさんの方に

お越しいただき祝っていただいた

あの30周年パーティーからもう5年が経ちます。

 

写真は皆さまからいただいた

たくさんの花やプレゼントたちのほんの一部です。

狭いオフィスが、言葉通り

足の踏み場もない状況でした。

 

胸がいっぱいになる思いで過ごしたその数日。

いま思い出しても目頭が熱くなる思いです。

 

人は嬉しかったことも

辛かったことも

いずれ思い出の彼方に追いやり

少しずつ忘れていくものです。

 

もちろん、そうしなければ

辛く苦しい思いを抱えたまま

ずっと生きなければなりませんから

忘れていいのでしょう。

 

だけど、辛く苦しくなったとき

こうした幸せだった思い出が

自分をうんと励ましてくれることも

また、あります。

 

今日、辛い思いの中にいるひと。

かならずきっと出口はあります。

今日、幸せの中にいるひと。

いまは思い切り噛み締めてください。

 

未来のあなたに

たくさんの幸がありますように。

 

written by 太田

ゆるす

価値観の合う人、近い人。

そんな人、本当にいるのでしょうか。

気の合う人ならいる、太田です。

 

どうしても、理解できない理屈を押し付ける人。

どうしても、言い分を理解してくれない人。

どうしても、分かり合えない人。

 

分かり合えないだけならいいけど

そういう相手は大抵、怒っている訳で、、、

 

いっそ、縁を切ればいいんだけど

その相手との縁を切る訳にいかないなら

赦すしかないだろう。

 

怒りに囚われた心は

その怒りに支配されてしまい

余裕を奪ってしまう。

しかも怒りは相手の怒りにも火をつける。

ただただ厄介なだけのもの。

 

どうせ分かり合えないのなら

分かり合わないまま、赦してしまえばいい。

互いの理解できない部分を残したまま

赦して付き合っていけばいい。

 

そう思いませんか。

 

嫌な事は酒場に捨てます。

 

written by 太田

こんなとき

  1. 突然ですが

こんなとき、どうしますか。

半蔵門線車内、渋谷方面走行中。

見ず知らずの他人。

むちゃカッコつけてる若めの中年。

 

2019年、代表最初の投稿が

こんなので、大丈夫なのか!?

 

ちなみに、わたしの場合。

この後、一言ご注意申し上げました。

お節介なおじさん、太田でした。

 

written by 太田

まもる

今年もあとわずか

大変お世話になりました

太田から今年最後の更新です。

 

わたしには

守るべきものがあります。

それは誇り、生きがいです。

それは娘たちです。

それは仕事とそれを共にする仲間です。

 

そして、私にとって

それらの全てを叶えているのが

このクロスという会社です。

 

創業者という立場でない方には

なかなか理解しづらいかもしれませんが

会社というのは自分の子どものようなものです。

産んで、育てて、年月を重ねてきました。

少々出来が悪いからといったって

自分のこどもを見捨てる人はいないでしょう。

 

だから、それを守りたいと思うのは

決して小さな見栄や執着ではないのです。

 

生活の糧を得るためだけの仕事であれば

何処でだって、何であったって

お金をもうらう事になんら変わりはありません。

だけど、やっぱりこう思うのです。

 

仕事は楽しく

みんな仲良く

 

これは、クロスの創業者・伊藤修氏が

常日頃、口にしていたことです。

それを私が標語っぽく仕立て直して社訓としました。

これからも、まもっていきたい。

そう思っています。

 

written by 太田

ゆれる

X’masを過ぎると

最終コーナーを駆け抜けるがごとく

一気に年末感を増しますね。

 

年末年始の準備はいかがですか。

今年は年を越すのではなくて

「来月が来る」程度の気持ちで

やり過ごす事にした太田です。

 

この11・12月。俄に降ってわいた

南青山児童相談所建設問題にゆれる

表参道・青山界隈ですが

 

この辺りにはもともと

「こどもの城(閉館)」や

落合恵子さんの「クレヨンハウス」、

「キディランド」、その他もろもろ

こどもと、こどもを育てる親たちの集う

施設や環境が豊富にあります。

 

そこには日本全国はもとより海外からも

多くの親子が集って賑わい

明るく健全に多様性の輪を広げています。

そのためか、近隣の六本木・赤坂・麻布など

大人な印象の街に比べて、青山・表参道には

よりクリーンなイメージがあるようです。

 

資産価値や教育優位性を邪魔するなと主張する

「自分さえ良ければいい」という連中が

それこそ、青山のイメージを失墜しているのです。

何とも見当違いな主張に聞こえます。

 

ちなみに、弊社のオフィスがあるのは

渋谷区神宮前。

港区ではありませんが、なにか?

written by 太田

members