BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

summer

久石譲さんの「summer」を聞いて

癒されている、太田です。

 

今年の夏は

特別な夏になったのではないでしょうか。

夏祭りも、花火も、帰省もない。

私はスイカも鰻も食べませんでした。

春もそうでしたね。

送別会も、歓迎会も、花見もない。

 

だけど、確実に夏でした。

間違いなく、春でした。

人間にすれば、季節は少なからず

行事と結びついていますが

行事はなくとも、

地球にとって季節は季節です。

 

そして今は、

過ぎゆく夏を、余韻を

ゆっくり味わっています。

 

来たる秋。

冬。

どんな色を重ねていくべきでしょうか。

 

written by 太田

お知らせ

お知らせします。

 

2020年7月20日(月)より

東京下のCOVID-19情勢を鑑み

再度テレワークに入ります。

当面期間を設けません。

 

必要に応じて不定期の

オフィス出勤との併用となります。

 

固定電話につながらない際は

スタッフ各々の携帯電話(太田・天野・植松のみ)

もしくはメールにてご連絡ください。

 

ご不便をおかけする事が

少なからずあるかも知れませんが

何卒ご了承くださいませ。

 

みなさまも

どうかご安全に。

written by 太田

ウケレバカチ

みなさま、こんにちは

太田です。

 

世を騒がすコロナ禍も

テレワークの一斉テストができた

という面では、多少は

世の中に貢献してくれている。

そう言っては

さすがに不謹慎でしょうか。

 

ただ、

この騒動が15年前であったら

社会的な混乱は

更に大きかったことでしょう。

現代のデジタル通信環境のおかげで

いつ、どこにいても

できる事が増えているのは明らかです。

 

そして、このデジタル通信環境は

仕事のあり方だけでなく

情報発信のあり方も大きく変えたと

常々感じています。

 

一昔前、私がまだ若かったころ

文化・情報は、まず何と言っても

インプットの量がモノを言う時代でした。

つまり、どれだけ勉強したか。

探して、見つけて、吸収して、また探して。

その気の遠くなるような苦労の末に

晴れて「トレンドセッター」や

「サブカリスト」の称号を得るのでした。

 

そして、そのようになって初めて

情報を発信する権利、根拠を得るわけです。

誰にでも手軽に得られる情報を

誰にでも言える言い方で伝えたところで

その情報に何の価値もないのは明白です。

 

ところが、SNSをはじめとした

昨今の個人の情報発信メディアには

そのような根拠は必要ありません。

インプットに裏打ちされていなくとも

特段深い洞察がなくとも

ウケればカチ(価値・勝ち)です。

「バズるコツ」なるものを

チョイとかいつまんで垂れ流しです。

 

あれっ?

なんか愚痴ってますかね。

いえ。

そんなことはありません。

 

情報の担い手には、その役割と使命に

誇りを持たなくてはなりません。

それはメディアが多様化した現代でも

アウトプットに際しての

変わらず大切な真理だと思うのです。

 

早く晴れわたる空を見たいですね。

 

written by 太田

オフィス勤務

6/1(月)より

在宅ワークを解除し

オフィスにての業務に戻りました。

当面はオフピーク通勤を

続けてまいります。

 

何も否定しません。

 

けれど、このツケを

今度こそ、必ずや、国民みな揃って

次の選挙で返しましょう。

 

written by 太田

お知らせ

当社は今週、準備が整い次第

テレーワークを実施します。

当面のあいだ、期間を定めません。

 

お取引さま各位には

いろいろご不便をおかけすることになるかも知れませんが

ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

みなさまにおかれましても

祈るような気持ちでおります。

どうかご無事にお過ごしください。

 

太田

 

written by 太田

新型コロナウイルス対策:延長

先般お知らせした

新型コロナウイルス対策としての

オフピーク出勤をさらに無期限で

延長することを決めました。

 

下記の通り営業時間を変更しております。

ご不便、ご迷惑ををおかけしますが

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

開始・1100

終了・1900

 

一日も早く収束しますように。

 

一人ひとりの行動の効果は

決して大きくはないでしょうけれど

それでもやはり、一人ひとりが

自覚と責任を持って行動する事でしか

大きな力は生み出せないと

日本人は9年前に身を以て知りました。

 

力を合わせてまいりましょう。

 

written by 太田

暗い物語

映画観てますか?

太田です。

 

暗い物語。

絶望的な結末。

目を覆うような殺戮。

 

そいう映画は

出来るだけ若いうちに観るのがいい。

好奇心というエンジンを積んだ

心が新鮮で元気なうちに。

 

年を重ねてくると

耐えられなくなる。

暗い物語をわざわざ観たいとは

もう思わない。

 

Back to the Futureが好き

できれば劇場で1から3までを

まとめて観たい!

 

written by 太田

ご報告:新型肺炎ウイルス対策

弊社では新型肺炎ウイルス対策の一環として
下記の通り一定期間営業時間を変更いたします。
ご不便、ご迷惑ををおかけしますが
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

期間・3月2日(月)〜3月15日(日)
開始・11:00
終了・19:00
なおこの間、弊社が責めを追わない残業は
極力これを行わない方針といたします。
重ねてご理解のほどをお願いいたします。

もちろん、お約束した納期については必ず守ります。
ただし、弊社が責めを負わない他都合による進行の遅れ
予定にない急な変更などによって生じる遅延に関しては
営業時間内で出来る対応とさせていただきます。

あくまでも期間限定の措置であり
社員とその家族の生活の安全を守るためです。
そしてかつ、僭越ながら皆さまにおかれましても
緊急事態(今がそうかどうかの判断は別にして)の
仕事のあり方について、御一考の機会になれば幸いです。

この異常事態(「緊急」でなく、あえて「異常」)が
少しでも早く収束することを皆さまとともにお祈りいたしす。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

太田竜郎

written by 太田

評価

真冬に訪れた暖かな2日間に

思いがけずもらったプレゼントのようで

癒されている、太田です。

 

若いうちは、

仕事ではとにかく成果をあげることに

躍起になっていたように思います。

よりよいデザイン。

より売り上げる成果物。

結果として、より高い報酬。

 

仕事ですから、当たり前です。

 

でも、50代になった今

よりよいデザインも成果物も

結局、一人よがりな自己満足なのではと

思うようになりました。

 

どれだけ、その仕事を愛せたか

どれだけ、仕事に携わる人々を愛せたか

結果よりも大切な事だと

思うようになりました。

 

愛した仕事なら

評価は必ず後からついてくる。

 

そんな仕事の後はビールがうまい!

(期間限定営業、サイバラ酒場にて)

 

written by 太田

経験が価値

ある日、

ピカソが街を歩いていると

見知らぬ女性が駆け寄り

話しかけてきました。

 

「私はあなたの大ファンです。

このノートにサイン代わりに

簡単な絵を描いてくれませんか?」

 

ピカソはノートを受け取り

30秒ほどで小さいながらも

美しい絵を描きました。

そして、彼女へと手渡し

「この絵は、100万ドルです」

と告げました。

 

女性は驚きました。

「ピカソさん、絵を描くのに

たったの『30秒』しか

かかっていないのですよ!?」

 

ピカソは笑います。

30年と、30秒ですよ」

 

芸術家・ピカソの逸話として

芸術や創作の価値を言い表す

例としてよく語られる話です。

 

どんなに短い時間であれ

安価な素材であったとしても

天賦の才能に経験を積み重ねて

はじめてできる作品もあります。

 

制作に携わる者として

そう胸を張って言えるように

日々の鍛錬を怠らず

真摯に取り組みたいものです。

 

written by 太田

members