BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

amano@お茶ノ水

子どもの頃は台風に少しワクワクしていた天野です。

いまは嫌いです。

でも嵐が去ると天晴れ日本晴れ。

いろんなものを吹き飛ばしちゃうんですね。

本当にいろんなものを。

written by amano

おおいなるもの

台風の被害に胸を痛め

翌日には日本代表の健闘に胸を熱くし

何かと胸の辺りが忙しい太田です。

 

台風のような

大きな自然現象に会う度に

私たちは地球という星、

天体の上に暮らしているのだと

改めて思い知らされます。

 

とくに私たちのように

都会で暮らし、働くものたちは

コンクリートで四方を固められ

目に入るものほぼ全てを

人造物に包まれているために

つい、そのことを忘れがちになります。

 

いつも同じものを

同じ場所から

同じように、ただ何となく

見つめるのではなく

時には視点を小さなところから

大きなところへと

低いところから高いところへと

自由自在に変えてみよ。

 

自然が、私たちに気づかせて

くれているようにも感じています。

 

written by 太田

視点

ジオラマが結構好きです。

太田です。

 

あまり自覚はなかったのですが

街中で偶然見かけたりすると

素通りできないことに気づきました。

 

似たようなものでいうと

フィギュアやプラモデルなど単体ものには

そんなにときめかないようです。

街や景観が好きみたいです。

 

海外に行くと、日本の見え方が変わったり

暮らし慣れた自分の街でも、

たとえば普段は徒歩で行き来しているなら

自転車やバイクに乗って走ってみるだけで

途端に違う風景に感じたりするように

視点が変わるだけで、慣れていたものでも

新鮮に見えるのが清々しくて好きなんです。

 

ジオラマなら、自由に視点を変えられますものね。

まるで鳥になったよう。

 

ドローンが見せてくれる映像にも

同じような感動を得ますよね。

ぼちぼち我が社もドローン導入かな?!

 

written by 太田

駅前の顔

今日から10月ですね。

太田です。まだなんとか無事です。

 

改札を抜けて、駅を出たら

町中が焼肉屋さん!

というシーンに出会いました。

 

赤坂にもありそうな高級店から

バラック小屋にパイプ椅子を並べただけ

というようなワイルドな店など

駅前から続く通りの両サイド

交差する路地の、そのまた先まで

ほぼ全て焼肉やさんです。

 

その中の一件。

パイプ椅子に腰掛けて

美味しいホルモンをいただきました。

 

駅前。

 

それぞれの駅ごとに

実に様々なカラーがありますね。

まるで人間の顔のようだと思いました。

 

私を例えるなら

どの駅だろう。

 

表参道ではないだろうな。

 

written by 太田

amano@ゴールデン街

やっぱり夏が嫌いな天野です。

今年は昼も夜も暑い夏でしたね。

誰のせいでもありませんが、

暑さは私を弱くします。心も体も弱々です。

そんな夏のある日のゴールデン街をお届けします。

 

written by amano

天高く

皆さま、夏は無事に

乗り切れましたでしょうか。

太田です。

 

クロスは満身創痍ながら

全員無事です!

 

 

表参道もすっかり秋めいてきました。

ショーウインドウは早くも冬物が並びます。

あっと言う間に年末、、、

なんて事にならないよう

しっかり美味しいものを食べ尽くしたいと思います。

 

報告お楽しみに。

written by 太田

amano@夏休みの思い出

夏休みはお弁当をつくる天野です。

普段はつくりませんが、今年の夏は週5でつくりました。

キャラ弁とかインスタ映えするお弁当とかありますが

おかずを考えるだけで頭がいっぱいでした。

明らかに弁当箱の選択を間違ったと思います。

 

 

written by amano

amano@東京辰巳国際水泳場

オリンピックボランティアに立候補した天野です。

合否の連絡はまだですが、いつ来ても慌てないように

水泳の師匠と仲間たちと一緒に、ちょっと下見に来ました。

水泳の師匠曰く

「水に頼るのではなく、水を頼りにすれば早く泳げる」

ありがたいお言葉でした。

 

written by amano

職人魂を感じる…

お久しぶりのと以降になってしまいました。

長かった梅雨も明けたと思いきや酷暑が一気に攻め入ってきて

かなりバタバタした今年の夏も少し落ち着きました…かな?

いかがお過ごしでしょうか。

 

今回はマイブームのお話です。

最近「鬼滅の刃」というアニメにハマっています。

ざっくりとしたストーリーは

大正時代、人を食う鬼に家族を殺されてしまい

妹を鬼に変えられてしまった主人公、炭治郎(たんじろう)が

妹を人間に戻す方法を探すために鬼と戦う部隊である鬼殺隊に入り、

仲間ができたり、鬼との戦いで強く成長していく。

というようなTHE 王道バトルマンガなのですが。

 

アニメを見て驚きました。

主人公や仲間が技を繰り出す際に水や波、雷などの

エフェクトが出るのですが、めちゃくちゃ作画が綺麗です。

まるで葛飾北斎の神奈川沖浪裏が動いているようなイメージです。

「こんな綺麗なものがアニメで見れる時代になったのか」

「まるで映画みたいじゃないか」

と素直な感想です。

素人目に見ていても作品に対する情熱が伝わってきます。

日本のアニメは世界一と言われるだけの職人魂を感じました。

 

作画が綺麗という理由で好きになったアニメは初めてだったので、

デザインや作品を見る機会が増え少しは目が肥え始めたのかもしれません。

私は善逸(ぜんいつ)という1番ヘタレなキャラクターが好きです。

 

画像は著作権の関係で貼れないので、ぜひ調べて頂ければと思います。

ネットフリックスやアマゾンプライムでも見ることができますので

興味が湧きましたら是非見て下さい。

 

ちなみに。内容が内容なので耐性がない方にとってはそれなりに怖いです。笑

勧めておきながらですが、見る際はお気を付け下さい。笑

written by zenta

夏休み

とにもかくにも暑いですね。

齊藤です。

 

クロスは8/13(火)〜15(木)に

夏季休暇をいただきます。

危険な暑さが続きますが

みなさま体調にはお気をつけて

水分補給は忘れずに!

 

夏休みのオススメ展覧会は

高畑勲展です!

「なつぞら」を観てる方はより楽しめるはず。

written by haruna

members