BANAPA通信

表参道にある小さなギャラリーオフィスで起こる
日々をつづるブログ

COJz みなとみらい

寒かったり、暑かったり何を着ていけばよいのか

迷っている天野です。

ちょっと韓流ドラマにはまりました。

思えば通じるものですね。

みなとみらいでお会いしました。

written by amano

世界三大

近畿地方を襲った地震

平穏な日常のありがたさや

常に自然の脅威と

隣り合わせにある現実を

改めて思い知らされました。

被害に遭われた方々には

心よりお見舞い申し上げます。

 

タイトルの題材

後日あらためます。

 

太田

written by 太田

ツバメを応援

スワローズの快進撃に

どうしちゃったの??と

逆に困惑している齊藤です。

 

地元の駅に今年もツバメが来ています。

今の駅舎は数年前に線路が高架化されてできた

新しいものなのですが、

建て替え前の木造駅舎の頃にも

ホームの屋根にツバメの巣がありました。

フンが落ちないように

駅員さんお手製の板が巣の下に当てられていて

ツバメのイラストに「今年もお世話になります」と

書いてあったのが微笑ましかったです。

 

新しい駅になってもその心は受け継がれているようで

巣の下にはこんな看板が。

駅のツバメたちと、神宮のツバメたち

どちらの「スワローズ」も

順調に育ってほしいものです。

 

written by haruna

COJz 逓信病院

今年は紫陽花が咲くのが早いですね。

梅雨は髪がクチャクチャになるので苦手な天野です。

先日、昔お世話になった病院に行きました。

25年経って行ってみたら、

ちょっとちょっとシステムが変わっていて、

公衆電話も台数が随分と減っていました。

25年前、夏休み明けに診察に来たら

速攻強制入院となり、この公衆電話から

「病院から一歩も出ちゃいけないって」

と、半泣きでクロスに電話してました。

お〜い、25年前天野、心配いらないよ。

すっかり元気になって、相変わらず馬車馬のように

働き続けてるよ。

written by amano

連結機

先日の新幹線事故に

未だ戦慄が収まらない太田です。

亡くなられた方のご冥福を

ただ祈るばかりです。

 

新幹線に限らず、列車の車内は

硬い内外装に覆われており

雨も風も暑さも寒さも遮断してくれ

まるで建物のごとき安心感があります。

 

それがひとたび

こうして密室の恐怖に襲われたり

自然災害にさらされたりすると

そこは走行中の移動空間であり、

決して安全な居室ではないのだなと

改めて思い知らされます。

 

そんな当たり前の事実を垣間見るのが

号車間にある連結部分です。

 

思えば、子どものころから

この列車の連結のところが

気になって仕方ありませんでした。

 

列車が揺れる度に引き裂かれるように

激しくスライドするステップや、

その空間だけは布一枚で覆われているのみ

という心許なさが、いやが上にも

「ここは決して安定した場所ではない」

移動の《空間》なんかではなくて

ここは高速で走らせている鉄の塊の中なんだ。

 

そう、実感させられるのです。

written by 太田

保健指導もよし悪し

お酒大好き内山です。

健康診断で、マンツーマンで保健指導を受ける年齢になりました。

保健指導の方より「腎臓も肝臓も優秀ですね」という言葉にびっくり。

腎臓くんと肝臓くんにまだまだ働いてもらえる!と

ほくほくして帰りました。

木彫りの熊は分かるけど、篆刻は買う人いるのでしょうか。

written by cross

着々?

梅雨入りで憂鬱ですが

紫陽花がきれいですね。齊藤です。

 

建設中の国立競技場

ちょっと前まではずっと更地で

ほんとうにできるのかしら?と思ったものですが

気がついたら随分と大きくなってきました。

 

神宮球場からの景色も

2020年までにいろいろ変わりそうです。

 

written by haruna

COJz しずかなところ

6月6日雨ザーザー降ってきて

三角定規にヒビ入って

あっという間にかわいいコックさんの天野です。

昔、絵本で読んだおうちを見つけました。

とてもここはしずかなところではありませんが

人間の力でえいやっと持ってきたみたいです。

 

written by amano

A→Q

梅雨の気配が近づいてきましたね。

湿気対策は万全ですしょうか。

カッサカサの乾燥体質、太田です。

体質じゃなくて、老化か?!

 

天気予報しかり、知りたい情報や

答えを探すのが簡単になりました。

PCでスマホで検索すれば

「梅雨」の語源なんてのも

瞬時に教えてもらえます。

 

ネット検索が登場する以前なら

図書館に行くか、詳しい人に訪ねるか

そういう手間が必要でした。

便利になる。いい事だと思います。

手軽だし、本当に助かっています。

 

話は変わりますが、

30前ほど前とある仕事で

コンニャクを自分でつくる必要ができ

作り方から、材料まで

それは苦労して集めた事があります。

 

どうしたか、と言うと。

電話帳で農家を散々あたり、

了解を得た方の家(たしか群馬県)まで

仕事が休めなかったので休日に出向き

材料となるコンニャク芋を分けてもらい

コンニャク屋さんを紹介していただき

作り方を直々に教えていただき

その地でコンニャクを生産するに至った由来を聞き

農家さんに戻り夕飯をご馳走になって帰る。

 

そんな経験をした事があります。

コンニャクの作り方。という目的のため

作り方 → 材料 → 産地 → 由来、と

それは《答え》から《問い》を辿る様な

まるで旅となりました。

 

簡単に答えが手に入る今の時代だったら

きっとできなかっただろう体験、

貴重な経験ができた。

それを幸運だったとは思います。

 

written by 太田

手前みそ

あっという間に、今年も残り半分になりましたね。

今年の夏は、人生ではじめて梅干しを干そうと思っております、

うちやまです。

近頃ブログネタがまったくないので、

もしかしたら制作過程をアップするかもです。

 

写真付きで良いお席を紹介してくれました

written by うちやま

members